健康被害

様々な要因による健康被害について思う事。放射能の健康被害を気にしている方に私の健康対策を紹介しています


元気健康本舗 「genki21」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アイコス 健康被害

私の身内がタバコを減らしてアイコスを使うようになりました。

タバコよりも健康に良い(というかマシ)という事らしいんですが、果たしてそうなのか?
疑問に思った私はネットで検索してみました。

結論から言うと、健康被害はなきにしもあらずというレベルです。

酷いと発がん性物質が10倍と書かれていたり
アイコスと他の電子タバコの情報がごちゃ混ぜになっていたり。

結局のところどうなのかは分かりませんでした。

タバコを吸わない私からしたら
健康被害を気にするならタバコもアイコスもやめたらいいという感じです。

タバコってストレス発散になってる側面もあるのは私も認めてます。
だから身内や友人が吸ってても別に異論はないし本人の自由です。

でも健康被害を気にする時点でストレスになるんだったら意味なくないですか?

健康被害を防ぎたいなら、抗酸化サプリなどを利用するといいと思います。
身内も最近クエン酸を飲む様になったら調子良いって言ってました。

※クエン酸=ビタミンC です


このブログでもずっと書いてますが
ストレスが最大の健康被害の原因です

ストレスを緩和する事でいろんな健康被害は防げるのではないでしょうか



スポンサーサイト
いろいろな健康被害 | コメント:0 | トラックバック:0 |

健康被害救済制度


健康被害救済制度なるものがあると知り、何かと思って調べたら、医薬品の副作用による健康被害の救済制度との事でした。

詳細
医薬品副作用被害救済制度に関する業務 | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構


副作用で健康被害、って、お薬とは無縁の私にとっては何とも恐ろしい制度だと感じます。

薬に副作用があるのは知ってますよ。
でも副作用を起こす薬を健康被害が出るレベルで処方している事に恐ろしさを感じます。


そもそも、その薬は本当に必要なの?
というか。

体質に左右されるのも分かるんですが、治験だってしているし、それでも健康被害が出てくるならその薬は販売しちゃいけないんじゃないの?と思うのです。

しかもリンク先によると裁判では勝訴するとも限らないって、だから救済制度を利用しましょう、ってなんか変。


常々思うんですが、厚生労働省は国民の命よりも製薬会社のほうが大切なんじゃないかと思う事が度々あります。

国民はモルモットじゃない!!

こういうところから政治不信になって、共産党にいいように利用されると思うとなおさら腹立たしいです。

共産党は弱者の味方の振りして、弱者を利用しているだけですから要注意ですよ。
原発反対運動から私は共産党の悪どさを痛感したクチです。


病気になったら医者に任せる。
この考えは間違いないです。
でもそのドクターの資質により、です。

間違った診断を下す医者はごまんといます。
その間違いに右往左往しないように、継続的な治療が必要な疾患は必ずセカンドオピニオンを受けるべきだと思います。


健康被害を受ける前に、転ばぬ先の杖、って感じですかね。


健康管理の参考にしていただければ幸いです。


いろいろな健康被害 | コメント:0 | トラックバック:0 |

タワーマンション 健康被害

すっかり書く事もなく放置している間にログイン情報を無くしてしまってかなり放置していました。
やっとログインできるようになったので、せっかくなので現代の健康管理にまつわる情報と、それについての私の考えを書いていく事にします。

健康被害に会いたくないという方に参考にしていただければ幸いです。


にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ


今日はタワーマンションの健康被害を気になさっている方が多いようなので、それについて記します。

昔、タワーマンションの上層階に住んでいると出不精になるのでうつ病リスクが高いという事を聞いた事があります。
出不精から肥満にもなりやすいとか。

真偽のほどはかなり怪しくて、実際に高層階に住んでいる人を何人か知っていますが、むしろ快適に暮らしているように思えます。
まぁ私の知ってる範囲なんてゴクゴク狭小だから当てになりませんが、でも統計データもなんだか怪しげな気がします。

高層階病なんていう病名もあるそうで、6階以上の住まいだとそういう病気もあるんだとか。。。


症状としては流産、死産、神経症、低体温などがあるそうだけど、高層階、関係ある?!って症状ばっかりじゃないですか。
むしろ喫煙の方がリスクだろって言いたいです。
私は喫煙を全面的には否定してないですよ?ストレス解消っていう大きな役割もあるって知ってるから。
でもリスクがあるのは確か。

高層階に住みたいって思うなら住めばいいし、心配だったとしたらそれはそういう性格だから心配な事はやめといたらいいじゃんって思うのでした。

高層階に住むメリットは景色が良い、洗濯物がよく乾くって事ですかね。
でも私は高所恐怖症なので絶対に住みませんw

都心部の高層マンションは夜景がキレイらしいですが、夜景見なくても生きていけるしw


テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

いろいろな健康被害 | コメント:0 | トラックバック:0 |

健康診断 結果

[健康診断] ブログ村キーワード

私は7月生まれなので、区の健康診断がこの時期に案内が送られてきて
近くの指定病院でうけるように案内が来ます。

で、さっそく6月に予約を入れて受けてきました。
その結果を昨日、受けた病院で受け取ってきました。


実は震災前までサラリーマンだったので
会社の健康診断は受けてたんですが
脱サラしてから一度も健康診断を受けてなかったので
今回、大震災以降、初めて受けた健康診断です。


で、結果は、と申しますと
会社で受けた時にコレステロール値が微妙に高いって言われてたんですが
今回も微妙に高いって程度で
あとは異常なしでしたw


内部被曝とかあったら
白血球数とか上がるらしいんで
やっぱり内部被曝はデマだったんだって思います。


まぁ 何はともあれ
健康オタクとしては健康を維持できてて
本当に嬉しいです(´∀`=)

実は娘も定期的に血液検査しているんですが(通院しているので)
娘も血液に関しては健康です。

震災当時15歳だったから
やっぱり年齢関係なく
内部被曝はガセ、だと凄く思います。


おかしな都市伝説に惑わされないよう
注意していきたいものですね。


長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。




にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

放射能健康被害 | コメント:0 | トラックバック:0 |

恐怖煽り


福島原発事故に由来する恐怖を抱いたかたは
事故直後にはそれなりにいたと思うんですが
今はすっかりそんな風に感じているかたは少なくなっているようです。

それが普通の精神状態ってやつなんですよね。

私はもともとメンヘルだし
高所恐怖症があったりと
まぁメンタルも虚弱な部類なので
恐怖心を煽られると、本当に大丈夫なんだろうかって
思ってしまうタイプです。

でもいい加減、目を覚ましたとゆうか。


私が中学生だった頃
五島勉とゆう人が書いたノストラダムスの大予言とゆう本を
兄が持っていました。

私もオカルトが好きなもんだから
ついつい何冊も読みふけりました。

1999年には人類が滅亡すると
けっこう長い間信じていた、とても痛い人ですw

1996年に子どもを出産したんですが
3歳までしか生きられなくて可哀想、なんて思っていたほどです。

こうやって書いてるとかなり笑っちゃうんですが
当時は本気で信じていました。


でも実際にフタをあけたら何もない。

1999年って書いてあるけど本当は2012年なんだ!
って話がありましたが
やっぱり何もないw


別の話になりますが
よくテレビで、恐怖のインフルエンザウイルスが日本にもやってきて
突然死んでしまう人が増える
なんてゆう番組をよく見ました。

でも現実にはそんな事にはなっていません。

確かに新型インフルはありますが
人口が減るほど被害者は出ていません。

テレビは結局視聴率がとれればOKなので
こうゆう番組は後を断ちません。

いかにもあるかのように放送していますが
あれも一種のエンターテインメントで
稲川淳二のホラー話と変わらないレベルです。

私は、恐怖を煽られると真に受ける性格なのをよそに
どうもそうゆう、恐怖を煽る情報を収集したがるクセがあるんだと
ようやく、今回の内部被曝疑惑の事で分かりました。


別の機会で、健康オタクな人の集まりに行ったんですが
話を聞いていると
健康オタクになった背景に
病気になったらどうしようってゆう不安とか恐怖心が見て取れました。

結局、私が健康オタクになったのは
恐怖心からだったことにも気づいたのです。


昔、肺炎で入院した時

肺炎ってこんなに苦しいんだ
こんな風に苦しみながら死ぬのは嫌だ


そんな風に思った事は今も忘れられません。

健康オタクになったおかげで
同世代の人よりはどっちかって言うと健康になれたので
恐怖心も使い方一つだとも言えます。


自分の考え方の属性を知った事で
内部被曝恐怖症を乗り越える事ができたと思います。

冷静に情報を読み取っていくことはとても大事ですね。

つくづく、今回の事はとても良い経験になったと思います。

私のように内部被曝で健康を害されるかもしれないとゆう
恐怖心を持っているかたは
今一度冷静になって
情報を読み取っていかれてみてはどうかと思います。


心配ばかりしていると
ストレスで本当に病気になってしまいそうです。


長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

放射能健康被害 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

SEO対策テンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。